Img_35d773a7e37fefa90839cffdc3208a678c3a124f
今日は、trois tempsとストールでコラボしていただいたメンズブランド
『halluci』
さんの展示会に行ってきました。

毎回オリジナルで生地から作っていたりと、こだわり派なブランドで、いつも格好いいコレクションを展開していて、前からすごく好きなブランドの一つ。

コラボのストールもステキに飾られていました!
2013SSの商品なので、これから楽しみ!

写真にチラッと写っている、オリジナルのボックスケースもオシャレ。
シャツやTシャツを入れてプレゼント用にも出来るそうです。

halluciのwebはコチラ↓
 (Click!) 
Img_c603eaaba1f011b3a8d64df64e658daf7214e082
お店の雰囲気を紹介。

Img_5c8a052e0ac516dacc38b4bf2118b4d4e466d7f6
火曜日まで、JR大阪三越伊勢丹 1階 婦人雑貨売り場
で、開催しておりますので、お近くに来た際には、
お立ち寄り下さい。
11/19(月)までの期間限定ですが、高円寺の『910,』さんにてtrois tempsのコーナーを作っていただいています。
お近くの方は是非お立ちより下さい。

910,
東京都杉並区高円寺北3-35-11-102
Img_ee50b94ec5642baec9c3ffadce0a8d43d3477f91
糸を整経して、その時々のデザインに合わせて織り機に糸を張り、一段一段と織り上げていく。
そしてウールの糸の場合、縮絨(しゅくじゅう)して糸をフワっと膨らませる。

そういった作業を繰り返し、繰り返しやっていき、一枚の生地が出来上がる。
でも、バッグ用に織ったものやマフラー用に織ったもの、どちらもこの段階では一枚の布。

マフラーであれば、最後に赤い糸でネームを手縫いで付ける。
この時に初めて一枚の布が“商品”に変わり、息を吹き込んだように生きてくる。

それは、人形に顔や目を描く行程に似ている、と自分では思っています。

だから、これは最も好きな作業の一つでもあり、最も大切にしている作業なのです。